◇ねずみのすもう◇

usagi

 「ねずみのすもう」関根栄一・文 二俣英五郎・絵(チャイルド本社)

 貧しいおじいさんとおばあさんのうちに住み着いている痩せっぽちねずみ。
 金持ちの家の太っちょねずみと相撲を取っても、負けてばかり。

 その様子を見たおじいさんは、痩せねずみにおもちを作って食べさせてあげます。
 おもちを食べて力がついた痩せねずみ。
 「お金を持って行けばおもちを食べさせて貰えるかな?」と太っちょねずみ。

 おじいさんとおばあさんは、二匹分のおもちとまわしを用意してあげます。
 赤いまわしをつけた二匹のねずみは「デンカショウ デンカショウ」と元気に仲良く相撲を取ります。

 太っちょねずみが運んでくるお金がたまって、
 おじいさんとおばあさんの暮らしもとても楽になりました。



 貧乏なのにねずみのためにおもちやまわしを用意してあげるおじいさんとおばあさん。
 お金持ちの家の太っちょねずみも素直なねずみさんです。威張っていません。
 この昔話には、「悪い人」も「意地悪な人」も出てきません。

 おもちを食べるシーンの

  ふにゃむにゃ にゅーん
  ふにゃむにゃ にゅーん


 では、柔らかなおもちがむにゅーんと伸びてとても美味しそう!
 二匹が相撲を取って楽しそうに「ちゅっちゅ」と笑うところも微笑ましいです。

 おはなし会では、相撲の掛け声の「デンカショウ デンカショウ」を元気に読むように心がけています。
 私は、お正月明けの一年生のクラスで読む事が多いです。
 ほっと温かい気持ちになれる昔話です。

 尚、私の所持している絵本は、1991年に発売された、「チャイルド絵本館 日本の昔話9」です。
 二俣英五郎氏のとても優しいイラストで描かれたすてきなご本ですが、
 残念ながら絶版になっているようです。(2011/07/19)
 

戻る

※転載厳禁
サイト&ブログ内の画像・文章の転載、
二次加工による再配布は固くお断り致します。


copyrignt(c)since 2010 月夜の青猫 All Rights Reseaved.

inserted by FC2 system