◇ねこどけい◇

neko

 「ねこどけい」きしだえりこ・作 やまわきゆりこ・絵(こどものとも年中向き2009年4月号 福音館書店)

 ことちゃんのおうちの鳩時計は、毎日時間になると鳩が顔を出して、
 「くくう くくう くくう」と可愛らしく鳴きます。
 猫の『ねねこ』は、鳩時計の鳩と遊びたくて仕方ありません。
 ある日、ねねこは鳩時計の屋根に飛び乗り、鳩のおうちの中に入ろうとしました。

 でも、窓が小さくて入れません。
 その上、もう鳩が出て来なくなってしまいました。
 鳩時計は、壊れてしまったのです。

 ことちゃんは、鳩時計を時計屋さんに持っていきました。
 時計屋さんは鳩時計も好きでしたが、猫も好きでした。

 鳩時計が入院している間、時計屋さんは木の板を使って何か作ってくれました。
 それは、何だったでしょう?

 それは、ねねこの家でした! 丸い窓も開いています。
 鳩が窓から頭を出して「くくう」と鳴くと、
 ねねこも負けずに「にゃん!」と鳴きます。

 ことちゃんは「すごい、ねこどけいだ!」とぱちぱちと手を叩きました。



 ことちゃんと猫のねねこと鳩のほんわか可愛らしいお話です。

 過去に発売された月刊誌ですので、通常のルートでは残念ながら入手困難です。
 本当にすてきなお話ですので、いつかハードカバーになってほしい、と思います。(2011/07/19)


戻る

※転載厳禁
サイト&ブログ内の画像・文章の転載、
二次加工による再配布は固くお断り致します。


copyrignt(c)since 2010 月夜の青猫 All Rights Reseaved.

inserted by FC2 system