◇てんとうむしみつけた◇


  「てんとうむしみつけた」岡島秀治・文 稲田務・絵(ちいさなかがくのとも 2013年6月号 福音館書店)

   黒に赤や黄色の丸が二つ
   丸が四つ
   大きな丸、小さな丸
   丸がたくさん
   不思議な形の模様…


  実に様々な模様のテントウムシが登場します!
  テントウムシは子どもたちに大人気。
  子どもたちにとって(大人にも)とても興味深い絵本です。

  テントウムシには様々な色や模様がありますが、
  実はこれ、「ナミテントウ」の斑紋変異とのこと。

  種類が異なるテントウムシではないのですね!
  私はこちらの絵本で初めて知りました。
  いや〜、勉強になります。

  ちなみにネットで調べたところ、
  二紋型・四紋型・まだら型・紅型などと分類されるそうです。

  同じテントウムシでも、
  「ナナホシテントウ」には、ほとんど変異がないそうです。
  自然って不思議ですね☆

  ラスト、小さな指の先から、
  テントウムシは大空に向かって飛び立ちます。
  その姿は優美です。

  ※過去に発売された月刊誌ですので、通常ルートでは入手は困難です。(2013/08/02)

戻る

※転載厳禁
サイト&ブログ内の画像・文章の転載、
二次加工による再配布は固くお断り致します。


copyrignt(c)since 2010 月夜の青猫 All Rights Reseaved.

inserted by FC2 system