◇しろいうさぎとくろいうさぎ◇



 「しろいうさぎとくろいうさぎ
  ガース・ウイリアムズ文/絵 まつおかきょうこ・訳(福音館書店)

 心に残る、美しい絵本です。

 森で暮らす二羽の白いうさぎと黒いうさぎ。
 いつも仲良く一緒に過ごしていましたが、
 ある日、黒いうさぎは急に考え込んで悲しそうな顔をするようになります。
 黒いうさぎの願いとは何でしょうか…?



 愛する者といつも一緒にいたい…そんな当たり前で美しい心を切なく描いた作品です。
 ふわふわのうさぎさん達は思わず絵本に頬ずりして抱きしめたくなる程愛らしいです。

 驚きなのは、日本での初版が1965年だという事です。
 全く古さを感じさせません。

 小さいお子さんから小学生でも楽しめますが、
 誰かに恋をしたり、結婚を考えるお年頃の若い方に是非読んで欲しい一冊です。
 もちろんどなたが読んでも心温まる、本当にロマンティックなお話です。

 尚、こちらの絵本の原題は「THE RABBITS' WEDDING」。
 題名を聞いた途端に結末のネタばれです!
 タイトルは絶対日本語訳の方が良いですね。

 さて、白状してしまいますが、
 私はこちらの絵本をおはなし会では一度も読んだ事がありません。
 何故かと申しますと、どうしても自分が泣いてしまうからです。
 おはなし会向きのすてきな絵本ですので本当に残念なのですが…

戻る

※転載厳禁
サイト&ブログ内の画像・文章の転載、
二次加工による再配布は固くお断り致します。


copyrignt(c)since 2010 月夜の青猫 All Rights Reseaved.

inserted by FC2 system